フィトンチッドとは

『フィトンチッド』は、植物や樹木から抽出したエキスです。
フィトンチッドの語源は「植物」を意味する「Phyto」と「殺す」を意味する「cide」から来ています。

森林の植物、樹木が自ら作りだし、発散している揮発性物質で、主な成分はテルペン類と呼ばれる有機化合物です。

本来ならば森林には色々な腐敗物が堆積しています。
それゆえ嫌な臭いを感じるはずですが、それを全く感じないどころか、私たちは森林に足を踏み入れると清々しい空気や香りを感じ、深呼吸をします。

その理由は植物が持つ「フィトンチッド」に消臭・脱臭・空気の浄化能力があるためです。
それだけではなく「フィトンチッド」には身体をリフレッシュさせる効果、抗菌・防虫効果もあります。

【KAOLEAF】のプロダクトは、この植物が持つ自然のパワーから作られています。

 

KAOLEAFで発揮されるフィトンチッドの効果

KAOLEAFではフィトンチッドの効果を利用し、消臭・抗菌を実現しています。